研修の情報を知りたい中部ハイテクセンター CHC

  1. TOP
  2. CHC(中部ハイテクセンター)
  3. eラーニング
  4. メカトロニクスのための電子回路(基礎編)

名産研のeラーニング

講座ラインナップ

メカトロニクスのための電子回路(基礎編)

メカトロニクスは機械製品の付加価値を高めます

機械・電子機械関係の学生・技術者が修得しておくべき基礎技術を学ぼう。
メカトロニクスはメカニクス(機械工学)とエレクトロニクス(電子工学)の境界領域を扱う技術です。
IC(集積回路)の出現により、高性能な電子装置を短期間に低価格で製作できるようになりました。 またマイコンの進歩は、機械技術者に大きな変革をもたらしました。
この結果、現在ではディジタルICを中心とする集積回路を用いた電子装置の設計・製作、コンピュータを組み込んで機械を知能化するためのインタフェースの設計・製作などは、 機械・電子機械関係の学生・技術者が修得しておくべき基礎技術となっています。
受講者の方は、講義資料のダウンロードが可能です。

  • 受講お申し込み(個人)
  • 受講お申し込み(法人)

講座概要

講座内容 メカトロニクスのための電子回路(基礎編)(大学学部レベルの講義半年分に相当)
受講料金 4,980円(消費税別)
対象 企業の技術者の方 理工系大学・大学院生の方
前提知識 特になし
学習時間のめやす 約15時間(最短学習時間6時間)
受講可能期間 お申込み日より6ヶ月間
返品について お申し込み後のキャンセルには応じられませんのでご了承ください。
動作環境 こちらをクリックしてご確認ください。

講師:西堀賢司(大同大学名誉教授・特任教授)

講師:西堀賢司(大同大学名誉教授・特任教授)

<専門>
ロボット、メカトロニクス
<論文>
超音波モータを指にもつロボットハンドの研究
有松・鳴海絞りロボットの開発研究
空中ブランコロボットの開発など
<著書>
新版 メカトロニクスのための電子回路基礎(メカトロニクス教科書シリーズ1)
(コロナ社、2016年)
<趣味>
海外旅行
<性格>
粘り強く物事に当たります
<座右の銘>
誰もやっていないことをやる

講座の内容

ディジタル回路を平易に解説しています

基礎編では抵抗、コンデンサ、コイル、ダイオード、トランジスタなど電子部品の基礎知識から始まります。それぞれの特徴から使用法まで基礎に重点を置いて解説します。

次にディジタル回路に必要な2進数、16進数、論理回路を学習し、ディジタルICを利用するための基礎知識を学びます。
さらに、マイコンの周辺で使われる回路技術を学びます。

3Dプリンタもディジタル技術のステッピングモータで動いています

今日流行の3Dプリンタは高精度な位置決め制御が要です。モータ制御もディジタル化され、メカトロニクスに支えられて進歩を遂げています。

本講座では、すでに約4万人の読者を持つ「メカトロニクスのための電子回路基礎」(コロナ社,2016年4月に新版)を基に、電子部品とマイコンの組み合わせで様々な回路を作る実践力と応用力を育てます。
テキストなしでも学習できますが,より詳細は本講座にあわせて新しくなった「新版 メカトロニクスのための電子回路基礎」(西堀賢司著,コロナ社,別売)をご利用下さい。

カリキュラム

1. 電子部品の基礎知識 (第1回)1.1節 抵抗
(第2回)1.2節 コンデンサ
(第3回)1.3節 コイル(インダクタ)
(第4回)1.4節 ダイオード
(第5回)1.5節 トランジスタ
(第6回)1.6節 FET(電界効果トランジスタ)
(第7回)1.7節 理解度テスト
2. ディジタル回路における数の表現 (第8回)2.1節 10進数と2進数
(第9回)2.2節 16進数
(第10回)2.3節 BCDコード
(第11回)2.4節 理解度テスト
3. 論理回路の基礎 (第12回)3.1節 論理レベル,基本ゲート回路
(第13回)3.2節 MIL記号
(第14回)3.3節 NANDとNORゲート
(第15回)3.4節 NANDゲートによる等価回路
(第16回)3.5節 Ex.ORとEx.NORゲート
(第17回)3.6節 理解度テスト
4. ディジタルICの基礎 (第18回)4.1節 電源とアース
(第19回)4.2節 TTLの基礎
(第20回)4.3節 TTLレベルとノイズマージン
(第21回)4.4節 ファンアウト,バッファ
(第22回)4.5節 CMOS-ICの基礎
(第23回)4.6節 CMOSとTTLのインタフェ一ス
(第24回)4.7節 プルアップとプルダウン
(第25回)4.7節 プルアップとプルダウン
(第25回)4.8節 理解度テスト
5. ディジタルICの特殊機能 (第26回)5.1節 オープンコレクタ(オープンドレイン)出力
(第27回)5.2節 スリーステート出力
(第28回)5.3節 シュミットトリガ
(第29回)5.4節 理解度テスト
  • 受講お申し込み(個人)
  • 受講お申し込み(法人)

このページのトップへ