研究の情報を知りたい 研究部 DOR

  1. TOP
  2. 研究部(DOR)
  3. 上席研究員リスト
  4. 浅野 秀文

上席研究員リスト

浅野 秀文(あさの ひでふみ)

経歴

1979年 名古屋大学 工学部 卒業
1981年 名古屋大学大学院 工学研究科 修士(博士前期)課程修了
1981年 日本電信電話株式会社(NTT)電気通信研究所 研究員
1994年 名古屋大学工学部材料機能工学科助教授
1997年 名古屋大学大学院工学研究科結晶材料工学専攻助教授
1998年 米国メリーランド大学物理学科客員研究員(併任)
2007年 名古屋大学大学院工学研究科結晶材料工学専攻教授
2017年 名古屋大学大学院工学研究科物質科学専攻教授(改組)
2022年 名古屋大学退職
 
学位 博士(工学)1993年
教育 材料物性学、物性物理学、量子力学、原子物理学
学会 応用物理学会、日本磁気学会、日本金属学会
研究 磁性・スピントロニクス、超伝導材料・デバイス
関連技術 磁性体薄膜・ヘテロ接合デバイスの作製と評価
活動実績
メッセージ
など
特記事項
磁性・スピントロニクス分野において、次世代型の高機能材料・デバイスの開拓を目指して、多元系化合物(窒化物,酸化物)薄膜材料、ヘテロ接合デバイスの作製・評価に関する研究を進めてきた。
最近の代表的な研究論文は、1. “Room-temperature magnetic skyrmion in epitaxial thin films of Fe2-xPdxMo3N with the filled β-Mn-type chiral structure”, B. Qiang, H. Asano, et. al, Appl. Phys. Lett. 117 (2020) 142401.
2. “Electrical current switching of the noncollinear antiferromagnet Mn3GaN”, T. Hajiri, H. Asano, et. al. Appl. Phys. Lett. 115 (2019) 052403.

このページのトップへ