研究の情報を知りたい 研究部 DOR

  1. TOP
  2. 研究部(DOR)
  3. 上席研究員リスト
  4. 福和 伸夫

上席研究員リスト

福和 伸夫(ふくわ のぶお)

経歴

1979年 名古屋大学工学部建築学科卒業
1981年 名古屋大学大学院工学研究科建築学専攻博士前期課程修了
1981年 清水建設株式会社
1991年 名古屋大学工学部助教授
1997年 名古屋大学先端技術共同研究センター教授
2001年 名古屋大学大学院環境学研究科教授
2009年 同環境学研究科副研究科長(~2011年)
2012年 名古屋大学減災連携研究センター教授
2012年 同減災連携研究センター長(~2021年)
2021年 定年退職・名古屋大学名誉教授(予定)
 
学位 1989年 工学博士
教育 建築構造、耐震工学、地震工学
学会 日本建築学会、日本地震工学会、地域安全学会、災害情報学会、地盤工学会、自然災害学会、日本地震学会
研究 建築耐震工学、地震工学、地域防災
関連技術 強震動、緊急地震速報、地盤及び建築物の地震時挙動、耐震・免震・制振技術、災害情報、防災教育、産業防災、災害医療、環境振動などに関わる技術開発。
活動実績
メッセージ
など
特記事項
中央防災会議、地震調査研究推進本部、最高裁判所、内閣官房国土強靭化室、内閣府防災担当、国土交通省、文部科学省、気象庁、消防庁、地方公共団体の防災関係の委員を歴任。
日本地震工学会長
南海トラフ地震の被害軽減、災害被害を軽減する国民運動に従事。
テレビ、新聞、ブログ、啓発書などを通した防災啓発活動。
防災学習施設、防災教育教材、災害情報システムなどの開発

このページのトップへ