研究の情報を知りたい 研究部 DOR

  1. TOP
  2. 研究部(DOR)
  3. 上席研究員リスト
  4. 酒井 康彦

上席研究員リスト

酒井 康彦(さかい やすひこ)

酒井 康彦

経歴

1983年3月 名古屋大学 大学院工学研究科 博士後期課程
機械工学及び機械工学第二専攻 単位取得満期退学
1983年4月 名古屋大学 助手(工学部)
1984年4月 名古屋大学 助手(教養部)
1987年4月 名古屋大学 講師(教養部)
1988年4月 名古屋大学 講師(工学部)
(1998年4月1日- 1998年9月30日:名古屋大学 講師(教養部)に併任)
1991年8月 名古屋大学 助教授(工学部)
1997年4月 名古屋大学 助教授(工学研究科)
2001年4月 名古屋大学 教授(工学研究科)
2021年4月 名古屋大学名誉教授・特任教授
名古屋産業科学研究所 上席研究員
*この間,英国ケンブリッジ大学 DAMTP(Department of Applied Mechanics and Theoretical Physics)客員研究員 (1989年8月 - 1990年11月,1994年10月- 1995年3月)
 
学位 工学博士
教育 流体工学、乱流現象学
学会 日本機械学会 (流体工学部門長、Editor in Chief of Journal of Fluid Science and Technology、東海支部長、フェロー), 日本流体力学会 (理事,中部支部長、フェロー), ターボ機械協会 (理事), 日本混相流学会, 可視化情報学会, 日本物理学会
研究 流体工学、乱流拡散・混合現象の解明
関連技術 気流中のCO2濃度・速度同時測定技術(特許取得)
液相での反応を伴う乱流現象の数値シミュレーション法の開発とその応用
活動実績
メッセージ
など
特記事項
共同研究実績:
超臨界CO2熱搬送用ポンプの開発
超小型速度・濃度計測用プローブの開発 ,
自動車用シロッコファンの騒音低減に関する研究, 等。

受賞:
2020年3月7日: 日本機械学会東海支部賞 研究賞
2018年11月2日:(一財)機器研究会 流体科学研究賞
2013年11月9日: 日本機械学会 部門賞(流体工学部門).
2008年12月18日: 日本流体力学会 第22回数値流体力学シンポジウム 
ベストCFDグラフィックス・アワード 最優秀賞.
2007年11月17日: 日本機械学会 流体工学部門フロンティア表彰
2007年10月26日: 日本機械学会 創立110周年記念 功労者表彰.
2007年4月6日: 日本機械学会賞(論文賞)
2004年5月11日: (財)油空圧機器技術振興財団 論文賞
2003年9月19日: 日本機械学会 流体工学部門 貢献表彰
1998年4月3日: 日本機械学会賞(論文賞).
1987年4月2日: 日本機械学会 研究奨励賞
1978年3月31日: 日本機械学会 畠山賞

このページのトップへ